• slide

加工技術紹介

自社工場でさまざまな加工を行っているので短期間での納品が可能です。
どんな機械を使って、どんな加工ができるのか紹介いたします。

NCルーター

加工技術 画像1

刃物の回転で切削する機械です。
[上下][左右][前後]と立体的なスライド面に沿って動き、全ての動きをコンピューター制御にて動かすことにより、精度の高い切断を可能にします。
また、上面数ミリだけ切削する「ザグリ」加工も可能です。

●加工可能寸法
最大2000mm×1000mm程度~最小100mm×100mm程度
材厚50mm程度まで

NCルーター サブ画像1NCルーター サブ画像2NCルーター サブ画像3

レーザー加工機

加工技術 画像2

レーザー光線で材料をカットする機械です。
NCルーターでは加工できない複雑な形状も加工ができ、レーザー光線でカットするので樹脂の裁断面に光沢があり、綺麗に仕上げることができます。
更に、表面に0.1mmの深さから文字や柄などの繊細な彫刻を施すこともできます。

●加工可能寸法
最大800mm×450mm程度~最小20mm×20mm程度
材厚15mm程度まで

レーザー加工機 サブ画像1 レーザー加工機 サブ画像2 レーザー加工機 サブ画像3

インクジェット印刷機

加工技術 画像3

樹脂にインクジェット印刷を行う機械です。
CMYK 4色+白2回を一度に印刷し、印刷直後に紫外線にてインクを硬化させます。
シルク印刷では苦手な、写真やグラデーションなども印刷できます。
シルク印刷と違い製版は必要ありません。


●印刷可能寸法 
600mm×400mm以内  厚み150mm 以内

インクジェット印刷機 サブ画像1 インクジェット印刷機 サブ画像2

パネルソー

加工技術 画像4

正板(入荷する元々の板)を加工しやすいサイズにカットする機械です。
直線のカットに主として利用します。
複数枚の重ね切りが可能となっており、大量の板材を一度にまとめて切断できる為、量産には必須の切断機です。

 

●加工可能寸法
最大3000mm×1300mm程度 ~ 最小20mm×20mm程度
材厚40mm程度まで

パネルソー サブ画像1

鏡面機

加工技術 画像5

板の切削と切削面の仕上げを一度に行う機械です。
回転刃には荒削りと仕上げ用の刃が数種類付いており、樹脂の削りと、加工面に光沢を持たせたる切削を、一度の切削で一気に仕上げることが可能で、加工時間の短縮が可能となります。

鏡面機 サブ画像1 鏡面機 デモ画像2 鏡面機 デモ画像3

プレーナー

加工技術 画像6

裁断面の仕上げ加工をする機械です。
往復運動により樹脂の表面を薄く削って行き、小さな凹凸をなくし、平らな表面へ加工します。

プレーナー サブ画像1 プレーナー サブ画像2 プレーナー サブ画像3

卓上ノコ

加工技術 画像7

小さな材料のカットに使用する機械です。
刃物の角度を調整する事により斜めの裁断が可能となり裁断面の組み合わせで多種多様な立体を製作できます。

●加工穴寸法
最大1000mm×180mm程度~最小10mm×10mm程度
材厚30mm程度まで

卓上ノコ サブ画像1

ボール盤

加工技術 画像8

樹脂に穴を開ける機械です。
複数枚の樹脂板を重ねて穴を開けることも可能。
主軸に取付ける工具を変更する事で穴の拡張や、タップ加工(ネジ山のついた穴開け加工)にも用いることができます。

●加工穴寸法
φ0.5~φ20程度
材厚30mm程度まで

ボール盤 サブ画像1 ボール盤 サブ画像2 ボール盤 サブ画像3

面取り機(ルーター)

加工技術 画像9

アクリルやプラスチック板の角を削り仕上げ加工をする機械です。卓中央に設置された回転ドリルで板の角や端を削り、加工面にR(角に丸み)をつけてます。
利用者の手に触れた時の痛みや怪我の原因をなくし、滑らかな触り心地にします。
また、ドリルの刃を変える事で、加工面の角度調整も可能です。

面取り機(ルーター) サブ画像1 面取り機(ルーター) サブ画像2 面取り機(ルーター) サブ画像3

羽布(バフ)

加工技術 画像10

板の断面などに光沢を出す機械です。
高速回転する機材の端に布を巻きつけ、表面の磨き上げをします。段階的に布の硬さを変更して行き加工面に光沢を出していきます。
また、板の形状が丸など色々な形にも対応します。

羽布(バフ) サブ画像1 羽布(バフ) サブ画像2 羽布(バフ) サブ画像3

スライダックス(熱曲げ)

加工技術 画像11

プラスチックを熱曲げする機械です。
アクリルやPETなどに真鍮の管を通じて熱を加え、曲げ加工に
使用します。
材料の曲げたい位置にヒーターの熱を加え、部品に合わせて
作成した治具で角度を固定させ曲げます。

 

●加工可能寸法
最大1000mm×1000mm程度~最小10mm×10mm程度
材厚5mm程度まで

スライダックス(熱曲げ) サブ画像1 スライダックス(熱曲げ) サブ画像2 スライダックス(熱曲げ) サブ画像3

ウィニングヒーター

加工技術 画像12

樹脂を温めて、柔らかくして型にはめて曲面加工をします。
合成樹脂の利点である、熱を加えると柔らかくなる特徴を生かし、
ヒーターにより熱を加え、材料が柔らかくなったところで予め
用意している型等を使用し、曲面的な加工に用います。
切断面の貼合わせでは出せない、滑らかなカーブを描きます。

 

●加工可能寸法
最大1000mm×1000mm程度~最小10mm×10mm程度
材厚5mm程度まで

ウィニングヒーター サブ画像1 ウィニングヒーター サブ画像2 ウィニングヒーター サブ画像3

接着

加工技術 画像13

樹脂どうしを貼合わせます。
アクリル材の組立ては、注射器に接着剤を入れ、アクリルとアクリルの間に接着剤を流し接着します。
透明のアクリル板を接着する際などは、気泡を極力入れずに綺麗に仕上げるには熟練の技が必要です。

接着 サブ画像1 接着 サブ画像2

色々な加工の動画

NCルーター、ボール盤

仕上げ加工の動画

鏡面加工、プレーナー、バフ